希望していた企業に落ちてしまったときどのように気持ちを切り替えたらよいか分からない

こんにちは!島袋尚美です!♪

 

このコーナーは、複数の事業を展開するママ社長が、キャリアの考え方や人間関係、仕事などのお悩みにお答えするコーナーです。

 

気付けばもう2022年も終わり!1年があっという間ですね。

 

みなさんは、どんな1年でしたか?

思いっきり勉強して思いっきり遊んで悔いはない!という1年ですか?

それとも、もっと頑張っておけばよかったー!という1年でしたか?

 

どちらもナイスです!

私がいつも大事にしているのは、「そういうことがあった。で、だから、どうするの?」です。

 

今年は頑張った!

今年はサボった!

どのような自分であっても、「だから来年はこうやっていこう!」と考えると、自然と前向きな気持ちになれるのでオススメですよ。

 

さて、今回は、

「希望していた企業に落ちてしまったときどのように気持ちを切り替えたらよいか分からない」というご相談。

 

なるほど、、、

確かに、一生懸命準備して臨んだのに、希望していた企業に落ちてしまったら落ち込みますよね、、!

 

実は、こういうことは社会人になってからも多いんです。

 

私は経営者として仕事をしているので、「この取引先と契約したい!」や、「ずっとこんな物件探してた!やっと見つけた!」というときに、いろんな理由で契約に結びつかなかったという経験がたくさんあります。

 

会社員でも、転職するときは同じことがあるでしょうし、特に営業職の方は、「購入の一歩手前で断られた!」なんてことは山ほど経験してると思います。

 

そういう時に私が大事にしているポイントは、ズバリ、、

ま、しょーがないかー!」です。

 

人の気持ちって、どれだけ上がっても下がっても、48時間で元に戻るそうですよ。

 

大好きで結婚の約束までした彼氏にフラれたー--!って落ち込んでも、時が経てば、その時のガーーンって気持ちは少しずつ和らいでいきますよね?

 

いやいやまだまだ落ち込んでますよ!って人でも、さすがに何年も落ち込み続けはしないのではないでしょうか?

 

つまり、その時の気持ちって、いずれは落ち着くんです。

 

少し厳しいことを言うと、頑張ったのになー!って落ち込んでも、落ちたという事実は変わりません。

 

だったら、「しょうがない!あの会社とは縁がなかったんだな。」と思って、次の会社にトライする方が、より希望の仕事に就く可能性も高まると思いませんか?

 

そういう私は、おしゃれなお店でおいしいスイーツを食べて愚痴ってたら、少し復活したりします(笑)

 

落ち込む自分ダメだなー、落ちちゃったな―ということに気を取られすぎず、「よし、じゃあここからどうしよう。」と切り替えられる思考の癖がつくと、どんどん行動してどんどん経験を積める自分ができてきますよ。

 

どんな経験も無駄ではなく、絶対にあなたを分厚い人間に育ててくれます。楽しんで、どんどんチャレンジしてみてください♪

 

関連記事

PAGE TOP