《ナオミねぇさんの就活相談》Q: 面接での受け答えのとき、言葉に詰まったり考えたりせず流暢に喋れないと、挙動不審と見なされるように思う。

こんにちは! 大学生の就活の悩みにお答えする【ナオミねぇさんの就活相談】のコーナーです!

今日は、面接についてのお悩みをいただきました。

 

Q: 面接での受け答えのとき、言葉に詰まったり考えたりせず流暢に喋れないと、挙動不審と見なされるように思う。

他にも、説明されていない「しなければいけないこと、守らなければいけないこと、常識」を自分が知らないのではないか、と思う

 

この気持ち、よぉーーくわかります。

実は、わたしはこの気持ちが強すぎて、大学生の時は人と話すバイトが怖く、人と接しないで良いバイトばかり選んでいました。 (今思うと、ホントに人って変わります)

ちなみに!! 今回はいつもよりさらに超本音で話しますね。 確かに40歳手前になった今、大学生と話すと、たまに「挙動不審だな」と思う子がいるのは事実です……!! ひどい!と思わないでくださいね!笑 ポイントはここからです。

挙動不審 場馴れしていない 他人や大人とどう接して良いか分からない 常識を知らない これらは、悪い事ですか? マイナス評価ポイントでしょうか??

私の考えとしては、「それ自体は良くも悪くもない」です。 大抵の人事の方や役員の方は、こんな学生さんに出会うと、「大学生の時はこんなものだよな♪」と思ってます。

つまり、それ自体をあまりマイナスに捉えていません。たまたまこれまでの経験で、あまり他人や大人と話す機会が少なかったりしたんだなー、とフラットに捉えています。

そんな社会人が着目するのは、今がどうこうより、「それで?これからどうする気がありますか?」だと思います。

もし今あなたが 「あぁわたしって社会の常識ないなあ」 「どう振る舞えばいいかわからなくて凹む」 と思っているのなら、あなたのこれからの行動は2択です。

 

①だから、嫌になってさらに場数を踏むチャンスを避ける

②だからこそ、5年後にその悩みを忘れ去っている女性に成長するために、これから場数を踏めるチャンスに飛び込む

どちらを選びますか??

 

上手く喋るかどうかではなく、これからどうする気がある人なのか。 面接官は、それを見ていますよ〜!

人生100年時代! 20-30代はまだまだ成長期(私も!笑)

なので、お互い 今出来てるかどうかより、これから出来るように成長する気があるかどうか、に目を向けていきましょう〜!

 

以上、ナオミねぇさんの就活相談でした!

 

お悩み相談はこちらへどうぞ😊
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf5b_sYrhxKItPrWxB6Q5gmfwnT_e_mS-gEcSSb0D4fJ0iilQ/viewform
就活について相談したくなったらお気軽に連絡くださいね!

次回もお楽しみに🥰

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP