株式会社Que seran pasaran 瞳ゆゆ様

【プロフィール】
2018年、自身の経験から住んでいる地域や環境に関わらず誰もが宝塚を目指せる場を作りたいと、業界唯一の動画レッスンやオンラインレッスンを行う、株式会社Que seran pasaran(ケセランパサラン)を設立。
2020年、宝塚歌劇団OGのセカンドキャリアをファンの皆様と共にサポートする「宝塚OGサポーターズクラブ」をオープン。
宝塚受験からタカラジェンヌのセカンドキャリアまでをサポートする。
タカラジェンヌの経験を形にした、ヘアアクセサリーブランド「PAPILIO」を立ち上げる。

【インタビュー】

現在のキャリアに至る経緯を教えてください。

私は、福岡県出身の地方受験生でした。
宝塚に入ろうと思っていても、受験情報が全然ありませんでした。
当時は今のようにインターネットも普及していなかったので、頼りになるものが願書しかない状態でした。
歌・ダンス・面接が受験に必要な事だけは分かっていても、どう練習すればいいのか、受験の方向性も何も分からないまま、とりあえず小学6年生からバレエを習うことにしました。
そして、中学3年生の頃に、受験対策スクールが大阪にあることを初めて知って、月1で通うことに決めました。
そこで、宝塚受験独自のレッスンを体験して、ここで姿勢とか笑い方など情報を知っているのと知らないのではかなり違ってくるのだなということを痛感しました。
また、私が宝塚を退団してアナウンサーになってからも、その情報格差は変わっていませんでした。
インターネットがこんなにも普及したのに、地方受験生が不利なままという状況は変わらず、なんとか情報格差をなくせないかと思いました。
そこから宝塚受験のポイントをまとめたブログサイトや、動画配信、レッスンやダイエット講座などを提供する会社「Que seran pasaran」を立ち上げました。
そこで、今でも全国の宝塚志願者への情報発信などは継続していますが、あるとき、幼い子供を持つお父さんに「宝塚受験の時にセカンドキャリアを考えて受験しましたか。」と質問されました。
当時の中学生だった私はそのようなことは全く考えておらず、宝塚に入ることが目標でした。
私の親世代はバブルの時期を過ごしていたこともあり、楽観的でしたが、今は何が起こるかわからない不安定な時代であるため、タカラジェンヌのセカンドキャリアをどうにかしないといけないと思い、セカンドキャリアのサポートを始めました。

また、なかなか元タカラジェンヌの中には自分には何ができるのだろうと考えてしまう人も多かったのです。
そこで娘役の人には手先が器用な人が多く、自分で舞台のアクセサリーを作っていることもあったので、アクセサリーづくりなら自信を持ってやってもらえるのではないかと思い、宝塚出身の人たちでアクセサリーブランドを立ち上げました。

女性であることで得したこと、損したことはありますか。

出世争いみたいなとこにいないので、女性であることで損したことはあまりなかったです。
反対に得したことも特になく、強いて言えば女性だからというよりも、普通ではできない経験をしたことがきっかけで、経営者の会議や講演につれていってもらえることはありました。

お仕事や人生において大切にしていることを教えてください。

やりたいことはすぐにやることですかね。
行動に移すというのを大事にしています。
頭の中で考えていても前には進まないので、それが正解か不正解かは別として、とりあえず行動に移しています。
ヘアアクセサリーブランドの件も行動に移してよかったなと思いましたね。
ブランドの拡大を進めていかないといけないなと思ったときにネット販売だけでなく、リアル店舗もやってみたいと思いました。
何か行動に起こそうと考えた時に、私たちは一般的な会社の商談は未経験で、全く分からなかったのですが、とにかく様々な百貨店さんなどにメールを送って、手探りな状態の中やってみたら、出店させてもらえることになりました。
向こうからしたら驚かれてしまうかもしれないけど、メールを送ってみたから繋がったなと思いますし、
何にもやらないよりはやった方が絶対にいいと思います。

日々のスケジュールを教えてください。

本当に日によって変わってきます。
アナウンサーの仕事も本当に時間がバラバラです。
基本的にアナウンサーの仕事に合わせて合間に自分の会社の仕事をいれています。
何時から何時まで仕事というのは特に決まっていないです。その日の仕事が終わらなかったら、終わるまで会社に残ります。
様々な仕事をやっていますが、アナウンサー一本のときよりも今の方が仕事も気持ちも分散されたことで、アナウンサーの仕事自体もより楽しめていると思います。

宝塚受験のレッスンをやっていく中でのやりがいを教えてください。

成長が分かることです。
普段はオンラインですが、月に一度対面でレッスンをやっています。
毎日会っていると分かりにくいですが、一か月だと成長をより感じられます。
それでもやはり受験に合格したときがより嬉しいです。

就活をしている女子大生へのメッセージをお願いします。

やりたいと思ったことはさっさとやってしまった方がいいと思います。
今やりたいことは今やった方がいいですよ。
周囲は助けてくれますから。
失敗が怖いかもしれないですが、失敗をしたとしても、大きな失敗ではないと思いますし、失敗をしても軌道修正をすればいいだけですし、とりあえずやってみたらと思います。

 

瞳ゆゆ様インタビューありがとうございました。
失敗が怖くて、動き出しが遅くなりがちですが、行動すること改めて重要だと思いました。

ゆゆ様には5月29日㈯に就活女子会に2回目の登壇をしてくださいます。
インタビューでは聞けなかったことを直接ゆゆ様にお伺いできるかもしれません。
お申し込みはこちらからです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP