株式会社NCネットワーク 金澤亜希子様

金澤亜希子様


【プロフィール】
株式会社NCネットワーク 執行役員 経営企画室室長 兼 エミダス事業部 関西/西日本ブロックリーダー

NCネットワーク入社前に独学でデザインを勉強し、フリーランスでデザインの仕事を請け負う。
2000年NCネットワークにデザイン職として入社するも1年で営業職にキャリアチェンジ。
その後は北海道から九州までほぼ全都道府県を仕事で周る。月の2/3が出張だった事も。
2004年には中小製造業の会員向け会報誌を立ち上げ編集長に就き、会社初の女性管理職に抜擢。
2017年に執行役員に就き、現在は経営企画室とエミダス事業部 関西/西日本ブロックの責任者を兼務。

【インタビュー】

―現在のキャリアに至るまでの経緯について教えてください

株式会社NCネットワークには、中途採用で入社して21年目になります。それまでは、転職を1年ごとに何度かしていました。NCネットワークに出会うまでは、キャリアアップをしていきたいという思いが強く、1年間学んだら更に上を目指して転職しようと考えていました。

しかし、今の会社には20年間もいます。

20年間も働き続けることができたのはNCネットワークが自分にはとてもマッチしているからだと思います。
ルーティンワークが少なく、色々なことにチャレンジが出来る環境だと感じています。最初はデザイン職として入社をしましたが、デザイン以外にも色々なことに挑戦をさせていただき、現在は営業と経営企画の仕事を兼務しています。

―入社した当初は、20年も続けると思っていましたか

そうですね。私が入社をしたのはNCネットワークが設立して2年目で、面接も役員面接と社長面接だけでした。当時デザイン職を希望していたのですが、最初の面接ではデザイン以外の業務も求められたので、不一致を感じました。不一致を感じたまま入社をするのは相手にも失礼になりますし、辞退を決めました。

NCネットワークを紹介していただいた人に辞退の連絡をしたところ、後から面接にいた役員の一人が「あの子は入れたほうが良い」と言っていたと聞きました。
それを受けて、面接だけでも受けてみようと思い、社長にお会いしました。いざ面接をすると、「こんな社長に出会ったことが無い」と衝撃を受けました。

これまで転職してきた会社は、私に何が出来るのかという能力を見られていたので、私もその会社よりも自分のキャリアアップに興味を持っていました。NCネットワークの社長は、とても一生懸命に自分の考えていることや会社のビジョンについて語ってくれました。その時に、この会社に入りたいと強く思いました。
ですので、20年も続けるとは思っていませんでしたが、他の会社とは違う魅力をとても感じていました。

―仕事をする上で大切にされていることを教えてください

目の前の仕事にしっかりと向き合い、一生懸命にやることです。また、自分が明るく振る舞うことで、周りの雰囲気も変わってくるため、楽しんで仕事をすることも意識しています。

―どんな人と一緒に働きたいですか

前向きで、チャレンジ精神旺盛な人ですね。また、素直でチームワークを意識している人とは、働きやすいと思います。チームワークを意識できないと、その人自身もやりづらいし、周囲の人も気を使ってしまいますよね。

―女性で良かったこと、逆に苦労したことはありますか

製造業は今では女性も増えてきましたが、私が入社した当初は男性ばかりでした。現場に女性がいることが珍しかったです。
そのため、女性ということでかわいがられることが多かったです。
製造業の現場について分からないことを沢山教えていただきました。辛かったのは、ある会社に訪問をした際に、「製造業に女なんかいらない」と言われたことです。製造業のためになりたいと入社して頑張っていたので、思わず涙が出てしまいました。
もし今、私の部下に対しそのような発言をする人がいたら、回し蹴りですね。笑

―これから社会人になる学生へのメッセージをお願いします!

まず飛び込んでみて、ダメだったらやり直すくらいの感覚が良いと思います。
やりたいことが見つからないまま、何もしないのはもったいないと感じます。
失敗を恐れる気持ちも分かりますが、違ったら方向転換すればいいんです。
自分のやりたいことを見つけたいなら、時間を無駄にせずどんどん挑戦してほしいです。

<インタビュアーからの一言>
今回は、株式会社NCネットワークの金澤亜希子様にインタビューをしました!金澤様の素敵な人柄を感じられた1時間でした。貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP