【ナオミねぇさんの就活相談】Q:精神力を強く保つためには?

こんにちは!ナオミねぇさんこと島袋尚美です!
ずいぶん久しぶりの更新になってしまいましたが、皆さんはお元気にお過ごしでしょうか?

私はといえば、韓国ドラマ「知ってるワイフ」にハマり、仕事の合間に見まくる日々を過ごしておりました〜!笑
(これ、日本版も今まさに放映されてます、、結婚/子育てに夢を抱いているそこのあなた、ぜひ結婚する前にしっかり見て欲しいドラマです!ママ社長の私がいうので間違いありません!?笑)
他にも、広報部の仲間とkoho-bu掲載用の取材に行ったりしていました!

さて、今回のご相談は、精神力を強く保つにはどうしたら良いか? という内容。
これ、私も知りたいですーーーーーー笑笑

と言っていても、相談コーナーが成り立たないので(笑)精神力を少し因数分解してみましょう!

私が思うに、精神力は二つに分けられます。
一つは、継続する力、
二つ目は、周りとの違い/周りからの批判 に耐える力 です。

一つ目の「継続する力」とは、何か自分のために決めたことを続ける力のことで、たいていの目標達成のためにとても大切な力です。
誰だって、気持ちが盛り上がった時に「よし、やってやるぞーー!」と決めるのは割とできるのです。
問題はそれを「継続しようとする時に起こる三日坊主」現象!笑

それを解決するのは、ズバリ!!!「習慣化」と「環境づくり」しかありません!!!

習慣化、とは、一度決めた時の「点」を「線」にすること。

これだけではよくわからないかもしれないので、例えて見ましょう。
例えばあなたは今日、ショッピングに行って着たい服がきれず、「絶対に健康的に絞って綺麗な体になろう!」と決意したとします。
問題はその次の行動!!あなたはどちらですか?
1、その日のランチをサラダランチにして、夜ランニングに行く
2、ジムに行くのが趣味の友達に連絡して、週2で一緒に行く日を3ヶ月先まで約束する

多くの人は、1の行動をとる気がします。そしてこれは決して間違いではなく、体にも良い行動だと思います。
しかし、体というのは1日2日の行動の変化では変化は起こりません。
大切なことは、いかに「何かの達成を決意したその瞬間に」「そのために必要な行動を習慣化させられるか」です。
これを知っている人は、自分のデイリールーティンやマンスリー手帳が、「決意したことをやり続けるため」の予定で埋まっています。
逆に、その日の気分や他の予定次第でやることを変えている人は、割とちょっと前に決意したことが続かず、「ああ、私って精神力が弱い」となってしまいます。
もし、就活に関する精神力(継続力)が欲しいのであれば、ぜひ「1日の中で就活する時間/時間を決める」(例えば、この講義の合間の時間は必ずエントリーシートを書く、など)ことをしてみてください。

今回は長くなってしまうので、続編で「周りとの違い/周りからの批判 に耐える力」のことを書きたいと思います。

以上、島袋尚美でした♪


【イラスト:はるまき】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP