ATTRACTIC株式会社 森麻里様

今回は、関西の女性社長、森麻里様にインタビューしました!

【プロフィール】

森麻里様

ATTRACTIC株式会社 代表取締役

HP: https://attractic.co.jp

2009年 立命館大学入学

2013年 大手IT企業入社

2019年 ATTRACTIC株式会社設立

同年 京都府知事賞優秀賞受賞

2020年 第6回LED関西ファイナリスト

【インタビュー内容】

・社長になられた経緯

 前職では、IT企業のインストラクターとして勤めておりました。インストラクター業務は、クライアント先の企業にて研修を行うことが多く、お客様からの「とてもわかりやすい説明でした!これで明日からシステム使いこなせそうです!」と言っていただけることにやりがいを感じていました。しかし、外出が多いインストラクターは子どもができると内勤になってしまいます。出産後、職場に復帰する先輩も多かったですが、職場と保育園の往復に追われていました。その様子を見たときに、「仮に会社に産休・育休の制度が整っていたとしても、本当に幸せなのか」と疑問に思っていました。私自身、出産をしてからも子どものそばにいたいですし、「お客様に直接喜んでもらえる仕事」も好きだったので、それを続けたいと思っていました。そして、もし私が先輩のように内勤になった場合、ただお給料をもらうためだけの仕事になり楽しくないのではないか、幸せと思えないのではないかと感じていました。それだったら自分のITスキルを生かして起業しようと考え、起業に至りました。起業し、オンラインで仕事ができる環境を作り上げたので、子どもができても、子育てをしながら、子どもが寝ている間に在宅で仕事をするということが可能になります。

・女性であることで得したこと

 会社員時代は、女性活躍が強く叫ばれる安倍政権の時でしたので、女性だけのインストラクターチームが活躍する場が多かったり、実績を出した分昇格に繋がったりと、得というか、男性社員と平等に扱っていただけていました。

・仕事をする上で重視していること

 周囲からの信頼獲得とお客様に喜んでもらうことです。まだまだ男性優位の社会のため、新入社員時代は、新人賞を頑張って取り、社内で「あの新人の女の子、頑張っているね」と言ってもらえたり、現在もビジネスコンテストに参加して賞をいただいたりし、信頼に繋がる実績作りを重視しています。受賞したことでお客様からの信頼にも繋がり、お問い合わせをいただくことに繋がっています。もちろん信頼や実績だけでは仕事の依頼はこないので、IT分野という苦手意識をもたれやすいサービスだからこそ、お客様それぞれの立場になり本当に喜んでいただけるサービスを提供することも重視しています。

・日々の過ごし方

 私は仕事が好きなので、常に仕事をしています。私のクライアントさんは経営者である方が多く、その方々は休日にもお問い合わせをくださいます。私としても「休日だから返信しない」とするのも好きではないので、構わず返信しています。そうすると、ずっと仕事をしていることになってしまいますが、決してそれが嫌という気持ちにはなりません。仕事が好きだからこそ、ずっと働けるという感じです。平日に旅行に行くこともありますが、パソコンとスマホがあれば仕事ができるので、旅行中に仕事をすることもあります。

・学生時代の過ごし方

 授業の時間以外には、サークル活動や、就職活動時に役立つように秘書検定や簿記検定の勉強をしておりました。講義以外のITの勉強は、学生時代にはしておりませんでした。

・どんな人と働きたいか

 お客様のために物事を考えられる人です。自分中心では、お仕事の依頼も来ません。また、お金のために働くという考えもあまり好きではありません。利益ばかりを追求したいと考える人よりは、「お客様ファースト」や一緒に働く仲間のことを考えて仕事をする人と一緒に働きたいです。

・就活生に向けてメッセージ

 自分が人生の中で大切にしたいことは何か、それを考えて就職活動してほしいです。結婚して子どもができても働きたいと思う方でしたら、育児休暇の制度等が整った会社に行くべきですし、将来起業したいと考える方でしたら、起業を後押しする制度のある会社に行くべきです。自分が何のために働くのか、人生をどう過ごしたいのかを考えて就職活動をしてほしいと思います。

 森様、お忙しい中お時間をいただきありがとうございました!若くから起業されたということで、自分のやりたいことに自信を持って突き進めない方にも強いメッセージになったと思います。関西の就活女子会にぜひお呼びしたいです!本当にありがとうございました!

関連記事

PAGE TOP